TOP
高雄市経済発展局による和発産産業パークの土地販売説明会
発売日:2017-01-04 | ビュー:1417

字型縮小 字型放大

和発産業パークの建設にめぐり、経済部、環境保護署、内政部など各部門の審査を通過させるために、高雄市が多大な努力をした。今回の開発は高雄にとって約20年ぶりの新しい工業区建設となる。このような得がたい機会を高雄市和発産業パークに進出ことを初めて全ての企業に対して開放し、土地の販売公示を行なった。和発産業パークに進出するに良い条件が提示され、高雄市政府が単一窓口で行政手続きが簡単に行なうように便利を図っている。交通の面においても、88快速道路のインターチェンジのすぐそばにあり、高地域の各工業パークには40分かからず場所にある。労働市場に関しても、近隣都市の総人口は107万人に達している。大発工業区、万大工業区に近く、労働人口が豊富である。環境の面においては、極端気候に対抗するため、本産業パークは四つの調整池を設置し、パーク内の緑地帯にも洪水を微調整できるように機能する。公共スペースにも緑化元素を取り入れると経済発展局局長曽文生が挨拶のときに述べた。

 

「産業イノベーション条例」によって設置された政府産業パーク第一号である和発産業パークは既に2016121日第一期及び第二期の土地販売が公示した。高雄市政府経済発展局(以下経発局と略す)は今日(14日)が大東文化芸術センターで和発産業パークの商談説明会を行い、100近くの企業と13の銀行団が人員を派遣して参加した。合発土地開発株式会社(市政府が依頼した和発産業パーク開発機関)が、最も大事なのは値段の方は近隣の工業地の平均販売価額の88千元に比較すると、合理的であり、企業の進出を奨励する。そのため、初期には公共施設が完備されず、満足なサービスを出来ないことで、早期進出と決めた企業に対して割安価額を提示する。企業が201812月末までに進出を決めれば、地価に対して3%以上の優待を提供する。頭金では10%の連帯保証型(Joint guarantee friendly alternative)によって進出初期の負担を軽減する。121日公示してから既に4社がデポジットを支払った。多くの企業が私たちと一緒に産業の発展に努力することを歓迎する。審査機関中には既に多くの企業が予約登録していただき、審査手続きを進んでいる。そして市政府の協力のもとで今月には予約登録していた企業、2社がパークに進出した。パークの開発ともに工場建設に着手した。和発産業パークは素晴らしい投資環境にあり、土地購入申請を歓迎する。