TOP
開発チーム
発売日:2017-01-03 | ビュー:1078

字型縮小 字型放大
合発土地開発会社(以下本開発団体と称する)は中国信託ホールディング台湾人寿(タイワン・ライフ・インシュアラ)(以下台湾人寿と称する)と新亜建設開発株式会社(以下新亜建設)で結成した開発チームである。穏健且つ専業的な投資経験と豊かな工事建設の経験と言った親会社の優秀な管理文化を踏まえ。民営企業ならの効率的行動、イノベーション、柔軟性及び活力を心掛けたうえ、チームが一心団結して、プロフェショナルな分業体制を以て、革新的な発想を信念に顧客の信頼を答えるように和発産業パークの開発事業に臨み、高雄市と台湾産業の発展に尽力する。
 
当開発チームは中国信託ホールディンググループ傘下の台湾人寿と上場企業である新亜建設開発株式会社両社がそれぞれの専門を生かして、共同に請け負ったこの事業は下記の優勢を持っている。 

 
穏健信実

 
台湾人寿は保険業の資金をプロジェクトに運用する。資金が有効的に運用されることを確保するため、プロジェクト企業に対して、法律にそった厳密且つ健全な内部管理システムを構築するよう手助けする。又、新亜建設は数十年間国内外の建設事業に参与してきた、建設な実務経験が豊富で、穏健な企業として知られている。今後プロジェクト企業は親会社の金融と建設においての優れた経験を生かして、このプロジェクトに穏健且つ信実なサービスが提供できる。
 

イノベーション

 
台湾人寿と新亜建設は両社とも人材の育成、キャリアの累積を会社の経営信念にしてるため、社員の向心力が高く、離職率は低いだ。業界では両社に対してプロフェショナルな企業として認識している。特にプロフェショナルによる分業とチームワークといった堅実な基礎を持った上、新しいサービスとイノベーションを追及するところが評価され、様々な奨をいただいており。プロジェクト企業は今後の産業パーク事業の一里塚になれるように、親会社の企業文化を実践し、各段階の仕事に尽力する。
 

柔軟且つ多元的

 
台湾人寿と新亜建設は現状に甘んじることなく、現状打開に勇敢に立ち向かい、政府政策に積極的に協力し、元請、BOTまたは公営住宅条件付の入札販売などの開発に参加してきた。そして柔軟性を持つ組織として多元的な開発の実務経験を累積してきた。